性被害!セクハラの証拠について

性被害(レイプ、強姦、痴漢、セクハラなど)の証拠はなかなか難しいと考えている方も多いのではないでしょうか?性的な問題は家庭内で行われていることもあります。母親の交際相手による子供の性的虐待は、母親ですら気が付かないケースもございます。
性被害に遭った時、公にしたいと考える被害者は少ないでしょう。性被害は女性だけの問題ではありません。男性の性被害もあります。
男性の性被害は、女性以上に相談しずらい、話しにくい問題です。
性被害のご相談は、秘密厳守の当社へご依頼ください。

また、セクハラについては証拠を集めている被害者もいます。自分の身を守るために証拠を集めることは必要不可欠です。証拠として十分価値のある(証拠能力)があるものは保管しておきましょう。

セクハラ
セクシャルハラスメント( sexual harassment)は、日本語で「性的嫌がらせ(嫌がらせ=被害者が不快感や精神的な苦痛を感じるすべての行為)」という意味で用いられる言葉。セクシュアルハラスメントともいう。日本では、略してセクハラと言われることが多くなっています。
  1. 直属の上司

    同じ部署内での直属の上司は、仕事上での接触が多く最もセクハラの加害者で多いのが現状です。上司の上の立場の上司に相談してももみ消されることがあり、相談したことを後悔している被害者もいました。

  2. 取引先

    取引先との交流会などでセクハラ被害に遭うケースが多いようです。酒が入るなどで公私混同しているかのように見せかけても許されることではありません。

  3. 社内不倫

    社内不倫していた相手と別れた後、セクハラの加害者になるケースもあります。

  4. 情報収集

    要望を叶えることの引き換えにセクハラ行為を容認させる圧力をかけられるケースがあります。

  5. その他

    働き方改革でさまざまな人間のパワーバランスの中で行われています。

セクハラで美人局(つつもたせ) セクハラ脅迫トラブル

セクハラから恐喝未遂

福井県あわら市市長の男女トラブル

市長室で女性に不適切な行為を行っていた問題が世間をにぎわせています。
福井県あわら市の市長は市役所で会見を開きそこで今年8月15日にあわら市内で女性と女性の夫から示談金名目で5千万円を要求された事に関して、女性と女性の夫を恐喝未遂容疑で近く告訴する方針であると発表したようです。
市長室で女性に抱きついたり、キスしたりするなどをし、この女性側に対し詫び状を書いていたことも発覚しています。女性に手渡したわび状については、女性の夫に求められて書いたと説明。
新聞に「女性とは合意の上だと思っていた。恥ずかしい話だが軽率だった」と話しているようです。

相手の女性は市長室での行為は合意だったことなどを改めて否定し、市長に好意を持ったことは一度もなく不適切な行為を喜んだことも全くないと断言しているようです。
「公の場でうそを認め謝罪してほしい」と話しているようです。

  • 体に触れられた。
  • 性的な行為を無理やりされた。
  • 立場を利用して性的な行為を強要された。

このような場合は、女性にも男性にも不愉快で心身ともに苦痛を味わうハラスメントです。

セクハラの証拠とは セクハラを証明することの重要性

主に男女間で行われることが多いセクハラ(セクシャルハラスメント)ですが、セクハラの証拠について考える必要があります。
権力によるパワハラ(パワーハラスメント)が関わっていることもあり、またそれを利用しているとみられるような証拠が出てくることもあります。

時系列も重要です。
事が起こった時からの時間の経過があまりにも長い場合は、特に注意が必要です。

被害者の中には、セクハラを脅迫のネタとして泳がせてていることがあります。
「被害者」である弱い自分を売り込んでいるのです。弱い自分、被害者である自分を一方的に信じ、相手を追い詰めるパートナー探しが行われることがあります。フラれた腹いせにレイプをでっち上げる被害者と同じようなことがセクハラでも行われています。

セクハラでっち上げトラブルの多くは、時間が経過していることが多くあります。

セクハラを覆すような証拠は、あなたが気づいていないだけであなた自身が持っていることもあます。

諦めたら終わりです
諦めずにご相談ください。

セクハラトラブルの注意点とハニートラップ疑惑

セクハラを加害者に対して問題提示するときに気を付けることがあります。
それは「ハニートラップ」の疑惑です。

財務省の事務次官からテレビ局の女性社員がセクハラ行為を受けたとして辞任する問題がありました。
記者が話を聞き出すためにどのような接触方法をとっていたのかは明らかになっていませんが、辞任してもなおセクハラを認めないのには納得できないことがあるのでしょう。
この問題の真実が公表されるかどうかは分かりません。
セクハラをでっち上げられたという相談が寄せられることもあります。
また、セクハラをハニートラップだと逆手に利用されることもあります。セクハラを立証できない場合は、名誉棄損で訴えられるケースもあるので慎重にし、証拠調査士に相談することをおすすめします。

セクハラから性被害に移行する前に対応をしましょう。
一度でもキスや性交渉などがあった場合は、セクハラの加害者に有利に働く可能性があり、被害者が不利です。
継続的な関係性も容認していたと捉えられかねません。
セクハラやパワハラは、加害者に自粛させ反省させる結果にとどまるとは限りません。
公になってしまうと、どちらかが職を失う可能性もあるのです。
このような背景から泣き寝入りする被害者もいます。
反対に、セクハラ加害者に対して復讐を成し遂げる被害者もいます。

セクハラ問題の解決は、証拠の使い方も重要ですがメンタル面でもサポートが必要です。
一人でハラスメントに立ち向かうのは難しいことです。
トラブル解決の専門家に相談してください。
※無料相談はしておりません。
真剣に解決を望む方のみお問い合わせください。

性被害やセクハラのでっち上げ被害の対応と解決方法

セクハラや性被害をでっち上げられた男性からのご相談が寄せられています。
中には、美人局(つつもたせ)やハニートラップまがいの悪質なでっち上げもありました。

弱者を装って同情をかうような事情をつくりあげ、何も知らない男性から脅迫される被害者もいました。
また、援助交際の相手が地位や名誉のある人物だと知って美人局を企む輩もいます。

背後に美人局を画策する男や、反社会的な組織がいる場合もありあります。
売春で地位を剥奪された官僚や公務員もいます。

でっち上げトラブルの背景には、金銭の搾取計画や恨みなどが隠されていることがあるのでスムーズな解決が必要です。お早めにご相談ください。

※性被害のご相談もお寄せください。子供の性被害は家庭内で行われることがあります。母親の交際相手による子供への性被害は残酷です。トラウマとして一生心の傷として残り、苦しむのです。早く解放させてあげましょう。

▼お困り事は今すぐ!

お問い合わせは 0120-007-808

メールでのお問い合わせはコチラ

トラブル解決の専門家:アイ総合コンサルタント

全国47都道府県に対応

北海道 青森県 岩手県 秋田県 山形県 宮城県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県
栃木県 茨城県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
長野県 山梨県 静岡県 岐阜県 三重県 滋賀県
京都府 奈良県 大阪府 兵庫県 和歌山県
岡山県 鳥取県 島根県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 大分県 宮崎県 佐賀県 長崎県 熊本県 鹿児島県 沖縄県

全国出張もいたします。
お気軽にお問い合わせください。