パワハラを暴く方法:パワーハラスメント

職場のパワハラ問題を暴く方法手段

職場のパワハラ(パワーハラスメント)の問題を暴く方法は証拠の専門家にご相談ください。ご自身の勤務先、ご家族の勤務先、交際相手の勤務先など身近な大切の人が勤務する職場でのハラスメントは許せるものではありません。

セクハラやパワハラ、マタハラなど深刻な問題が密かに行われています。加害者のほとんどは立場を悪用して行われます。不安で不眠などが続くと仕事のミスを誘発したり、事故や危険なことも起こりかねません。長期に長引くことでうつ病などの精神疾患の心配もあります。最悪のケースでは仕事を自主退職に追い込まれたり、自殺未遂を起こすなども。

このような理不尽な目にあわされる環境もよくありません。

ハラスメントを言い出しにくい職場環境を作りたい会社経営者の方からのご相談もどうぞ。

勤務先でのパワハラを解決したい【内部告発】

勤務先でのパワハラ相談は深刻なケースもあります。一例を挙げてみると下記のようなケースがあります。

  • 残業を自分にだけ押し付けられる。
  • 社外のイベントに無理やり参加させられる。
  • 取引先の前で大声で叱られる。
  • 自分にだけ社内情報が回ってこない。
  • わざと失敗させる。
  • 椅子を蹴られる。
  • 暴力を振るわれる。
  • 嫌がらせを受けているところを撮影される。
  • 不正を強要される。
  • 社内の備品を盗まされる。

不正行為を強要されるケースもあります。このような悪質な場合は、被害者が「犯罪者」として扱われる理不尽なケースも起こっており、解決方法をしっかりと検討する必要があります。

勤務先を内部告発するリスク

勤務先でのさまざまなハラスメントを目にして不快な思いをしていませんか。悪事を公にして改善させる、悪い奴に制裁を加えたいと考えるのは当然の心理です。

しかし、あなたや大切な家族、恋人、婚約者が勤めている会社となると内部告発のリスクは当然検討したうえで行うことが必要です。

内部告発をしたために職場に居づらくなった方を多くみてまいりました。嫌がらせや配置換え、左遷、自主退職をすることになった方もいます。退職後も訴訟をかかえるなど「なぜこんなことになったのだろう」「なぜ理不尽な目にあわなければならないのか」後悔している方もいます。

内部告発は、方法を間違えない事が重要です。

内部告発をお考えの方は今すぐご相談ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました