証拠活用について、専門家を利用した場合のメリットとデメリットについて考えていきます。注意が必要なのは「証拠能力」です。証拠能力については精査する必要があるのでここでは触れません。ある程度の証拠能力が有るものについて考えていきます。得をすることだけではありません。大きなメリットもあればデメリットも考えておく必要があります。

【証拠の活用方法!専門家を利用するメリットとデメリットについて】

 

  依頼しない場合 依頼する場合
メリット ・時間の拘束がない。

 

 

 

 

・弁護士事務所はどこにでもある。

・依頼する前から結果の予測が可能。

・費用が安い。

望みを叶えることが基本。

 

 

 

 

・証拠を活用できる。

・証拠が無駄にならない。

・依頼者の希望が中心。

・論理的な解決

デメリットの洗い出しも可能。

デメリット ・法律が基準。

 

 

 

 

予測以上の結果は得られない。

・予測以下の結果もあり得る。

望みと逆の結果を招く危険がある。

・依頼先を見つけるのが大変。

 

 

 

 

・費用がかかる。

結果 △or✖

【証拠をうまく利用できた場合】

証拠を利用した場合・・・
思い通りの結果が得られる。
・考えていた以上の素晴らしい結果をもたらす可能性がある。
・望みを一番に考慮できる。
立ち回りが上手くいく。
交渉がスムーズに運ぶ。
制裁を与える結果を得られる。

【証拠を活用しなかった場合】

上手く利用できなかった場合・・・
・思い通りにならない。
・証拠が使えない。
・証拠が古くなる。
・証拠に価値がなくなる
証拠が無駄になる。
・揚げ足を取られる結果を招く。

証拠の活用の注意点についてはコチラ

証拠活用ランキング

    1. 浮気の証拠の活用方法

      「浮気の証拠」は浮気相手に対してのアクションにも活用できる可能性があります。
      離婚においても慰謝料請求だけではなく、幅広く考えることをおすすめします。

    1. 不倫の証拠の活用方法

      「不倫の証拠」は浮気の証拠同様以上に活用できる可能性があります。また、妊娠詐欺、中絶詐欺などのご相談も寄せられています。

    1. 社内不正の証拠活用方法

      横領の証拠
      背任の証拠
      業務怠慢の証拠
      など、会社から排除したい問題です。

    1. 内部告発・告訴告発の証拠

      「内部告発」にはリスクがつきものです。いかにリスクを軽減させるか、メリットとデメリットをうまく考慮する必要があります。

    1. 犯罪の証拠の活用方法

      詐欺や脅迫など多岐にわたります。

  1. その他

    証拠の利用方法はさまざまです。

お問い合わせは無料です。ご相談やアドバイスには費用がかかります。