新時代の浮気問題!コロナ浮気 コロナ不倫の証拠

新型コロナウイルスの感染が騒がれる中、3密を避ける生活スタイルが求められています。仕事はテレワーク、飲み会はリモートで。飲食店での会食もままならない社会となりました。この新型コロナウイルスの影響はしばらく終わりそうにありません。そんなコロナ社会での浮気や不倫は厄介です。夫や妻の不倫はコロナ禍でどう変わっていくのか、傾向と対策は非常に重要なポイントです。

コロナ時代の2極化!浮気や不倫の解決方法

新型コロナウイルスの感染は今や命だけではなく、誹謗中傷にもなりかねない危険な問題です。ある地方都市では感染者の自宅に張り紙をされるなど嫌がらせを受け、引っ越し行先不明になっているようです。

非常に小さいウイルスは、最近とは違い動物の体内の細胞に入り込んで増殖します。ものすごいスピードで遺伝情報を書き換えて体をむしばんでいくのです。今回の新型コロナウイルスの感染は、無症状での感染者がいる一方で体力ある若者でも相当な体の不調を訴える人もいます。未知のウイルスがはびこる社会となった日本で、浮気や不倫と言った密接を強く除く男女の関係には根深いものがあるようです。

大きく分けて2パターン。浮気不倫の継続か、関係の解消。このどちらかに分かれます。新型コロナウイルスは男女関係に大きな影響を与えるきっかけになっているようです。

コロナ時代の浮気や不倫の傾向と対策

新型コロナウイルスの感染不安をきっかけに浮気や不倫に終止符を打つ場合も継続する場合もトラブルになっています。浮気関係の解消のトラブルについては次回詳しく書くとして、今回は浮気や不倫の継続を選択した浮気相手、不倫相手との関係について考えることにします。

コロナ時代の浮気不倫の解決戦略

命の危険をおかしてでも会いたい、体を寄せ合いたい男女関係は第三者から見れば浅はかで理解しずらい関係のように思えます。

しかし、大切な家庭をお持ちの奥様でも、社会的な地位を得ている男性であっても新型コロナウイルスの感染リスクを背負って浮気や不倫を運命のように感じているのが問題です。「共通の敵は味方をつくる!」この法則の敵がコロナウイルスになっており、身の危険を冒してでも自分との愛を求める相手に対して更なる信頼と絆が生まれている現状があります。

これは、脳内麻薬とも思える信じがたい状況でしょう。

対策方法を間違えると大切な家族すらも捨てかねないのです。

浮気や不倫をしている側からの離婚要求は残念ながら行われています。

浮気や不倫を隠し通せていると思い込んだうえで上から目線での冷たい言葉を吐かれた方もいました。このようなことが許されてはいけません。

では、どうすれば良いのか。やるべきことは2つです。

① 事実を知る事。

② 覚悟すること。

①に関しては現状調査を行うことをおすすめします。問い詰めても本当の事を言わないのが人間です。もし浮気や不倫を素直に認めたとしたら離婚が目の前に迫っている可能性が非常に高いです。すぐにご相談ください。

②に関しては、①の事実が見えてくると自然と覚悟が決まる方もいます。今まで築き上げてきた大切なものを壊す結果を選んでもそれはあなたの自由です。私たちはあなたの味方です。覚悟は金銭面、経済的な面でも覚悟が必要な場合があります。しかし、安心してください。お金は働けば収入が入っているものです。大切なのは時間とあなたの尊厳です。これらは残念ながらお金で買うことが出来ないものです。

新型コロナウイルスと共存する社会での浮気や不倫の不安は、一人で抱えず乗り切りましょう。

タイトルとURLをコピーしました