不正の暴き方 不正行為を暴く方法

職場の不正を暴きたいのは、会社に恨みがある人物や、会社の経営者が従業員の不正を暴きたい場合と大きく分けて2パターンがります。
ブラック企業といわれる企業もありますが、ブラック社員が存在するのも事実です。
職場がブラックな原因は、従業員であることもあり、一概に何が悪いのか判断ができないものです。
横領や背任はさることながら、もっと深い闇が社内に蔓延している可能性もあります。

セクハラやパワハラが日常的に行われるような雰囲気の中では業務に集中できないばかりか、未来の芽が摘み取られている可能性も否定できません。

会社の業績が伸びない背景に、あるのは社内にはびこる闇です。

目をつぶって放置するかどうかは、あなた次第なのです。

会社内の不正は飛び火する!被害拡散を防止する方法

病気と一緒で、傷を放置すると次々と問題が出てきます。
それに伴い、二次被害、3次被害と被害の拡散がどんどん出てくるのです。

社内の不正は飛び火します。
社内だけではなく、取引先の業者、銀行、一般顧客にまで連動して悪評が流れる最悪の事態は絶対に避けたいものです。

世間の信用を一度失うことで、倒産に追い込まれる企業は少なくありません。

食品偽装問題でつぶれた会社が立ち直ることは、新規立ち上げよりも難しいでしょう。

今まで積み上げてきた信頼と実績がゼロになり、マイナスを生むことすら考えられるのです。
会社の経営者に自殺が多いのもうなずけます。

社内の不正を暴く方法

社内の不正を暴くには、ノウハウ時間が必要です。
会社の経営者は、孤独でなくてはいけません。
信頼を寄せている部下ほど、仇となって返ってくるのです。
また、信頼が大きく、任せている業務が重要なほど
会社やあなたの存在価値が大きく揺らぐ問題に発展します。

社内の不正の多くは、それなりの情報を持つポストでなければ難しいのです。

平社員はせいぜいサボるぐらいで、排除すれば済みます。
問題は、情報やノウハウを知っている社員の不正行為です。

不正の可能性はどこの会社でも多少はあるでしょう。
経営者にしかできないはずのことを人に任せていませんか?

心当たりがある方は、早めの対策が望ましいでしょう。

よくある職場の不正行為ランキング

    1. 横領/背任

      横領背任行為は収益が上がっている会社であも大きな問題であり損失です。

    2. 内部情報の悪用

      新規立ち上げやライバル会社へ情報の売買など、あってはならないことです。

    3. 職務の怠慢

      就業時間として拘束されるべき時間に浮気不倫をしている社員が会社を巻き込んでトラブルを起こすことも。

    4. 不正、犯罪行為

      個人情報を売買したり、ストーカー行為に利用するなど身近な犯罪につながっています。書類の偽造なども問題です。

    5. その他

      金銭や人に関するトラブルは多くの職場に存在しています暴力団や輩、ハングレなどとのつながりもトラブルの元です。

職場で起こるトラブルは、小さいうちに発見し対処することが重要です。
不正行為を許してはいけません。
同じようなことを繰り返す人物もおり、同業種へ何度も転職するなど不可解な行動にも注意が必要でしょう。

経営者が注意しなければならない不正と会社の守り方

不正行為の疑惑を経営者が感じるころには問題が大きくなっている可能性があります。

噂話が本人の耳に入るころには、近所中に知れ渡っているのと同じようなことにならないようにしなければなりません。
定期的に調査依頼をしている会社もあります。

取引先が多い業種や、契約が複雑な業務巨額取引が行われる業種では1回の取引で行われる不正の痛みが倒産につながりかねません

また、定期的な取引でも少額が積み重なれば巨額に上ります。

銀行など金融機関でも不正が行われる世の中、
現状確認もせず
「信頼」など生ぬるいことを言っているようでは甘いのです。

 

▼お困り事は今すぐ!

お問い合わせは 0120-007-808

メールでのお問い合わせはコチラ

トラブル解決の専門家:アイ総合コンサルタント

全国47都道府県に対応

北海道 青森県 岩手県 秋田県 山形県 宮城県 福島県
新潟県 富山県 石川県 福井県
栃木県 茨城県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
長野県 山梨県 静岡県 岐阜県 三重県 滋賀県
京都府 奈良県 大阪府 兵庫県 和歌山県
岡山県 鳥取県 島根県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 大分県 宮崎県 佐賀県 長崎県 熊本県 鹿児島県 沖縄県

全国出張もいたします。
お気軽にお問い合わせください。