証拠活用のプロが伝授する証拠の活用方法

新しい証拠の考え方!常識にとらわれない証拠活用方法

新常識!「証拠の専門家」新しい証拠の考え方で勝つ!証拠を取ったら利用する!証拠を取ったらすぐに弁護士に持っていくのはもったいない。浮気の証拠や不正の証拠を手に入れたらすぐに弁護士や警察に駆け込むのが当たり前だと思っていませんか?その当たり前の刷り込まれた常識で損をしています。当社は悩みを解決するために事実をもとにあらゆることを精査し対策を考えていく中で、クライアントの悩みを解決していきます。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。

注意:弁護士は証拠活用のプロではありません。法律の専門家です。

弁護士が上手く証拠を使ってくれると思っていませんか?

証拠を取る事の専門家と言えば、探偵や興信所です。多くの探偵社や興信所はクライアントに調査報告をし、系列の弁護士にそのまま引きつぐ形でクライアントを紹介しあっています。しかし、クライアントにとって需要なことは結果。法律に当てはめる前に出来ることがあるのに、最後の手段を取らされるのです。ノウハウがないとしか言いようがありません。大変残念なことです。

勝ち方にこだわる証拠活用!証拠利用方法

ソノサキ」を考えた証拠の活用方法を知りたいと思いませんか?

詐欺や嫌がらせトラブルの解決、浮気の慰謝料を増やしたい方、苦労して集めた証拠の数々を宝の持ち腐れにしていませんか?証拠の利用法は、ご依頼者様のみがえられる情報です。証拠の質だけではなく、利用者によってもえられる結果が大きくことなります。証拠収集から証拠の活用方法まで幅広くサポートします。

特にご相談が多いのは恋愛感情を利用した結婚詐欺や恋愛詐欺です。被害金額も大きくなっています。疑惑を持ったらすぐにご相談ください。 

迷惑行為、トラブル、嫌がらせ被害や営業妨害、内部告発などもご相談が寄せられています。

怒りや恨みを晴らす合法的な復讐方法、恨みの晴らし方としても利用価値があります。

証拠を集めたものの、どうやって利用していいのか分からない方からもご依頼が寄せられています。

探偵・興信所を使って浮気や不倫の証拠をとって
弁護士事務所に足を運べばどうにかしてくれる!

そう思っていませんか?

それは、ドラマの中の話です。


弁護士は国家資格を持った法律の専門家です。
弁護士は、法律を基準にしてあなたの代弁をしてくれます。
法律を基準に訴訟を起こすこともできます。
しかしながら、法律を基準にした最終的な手段で、依頼者の意見を基準にしているわけではありません。

過去の判例などが基準となり、
依頼したときからすでに結果が分かっていることがほとんどです。

もっとできることがある!

知らないと損!

証拠の活用方法を利用して表沙汰にせず目的を達成する

  • 内部告発を成功させた!
  • 会社の不正が明らかになった!
  • セクハラ上司に復讐できた!
  • 夫と浮気相手を別れさせた!
  • 有利な条件で離婚が出来た!
  • 結婚詐欺師に制裁を下せた!
  • 婚活アプリのトラブルを解決できた!
  • 妊娠詐欺を撃退できた!
  • 中絶脅迫の被害を回避できた!
  • レイプのでっち上げを解決できた!

目的のある証拠利用方法をお探しの方からお喜びの声が寄せられます。

証拠を利用して何ができるのか!証拠の活用方法と活用結果

プロに依頼して証拠を利用活用したい方からの依頼殺到!


証拠の活用方法でお悩みの方はアイ総合コンサルタントへご相談ください。
浮気の証拠や不倫の証拠、不正の証拠など、さまざまな「証拠」をお持ちの方で証拠の活用方法が分からない方、
証拠の利用方法を知りたい方はご相談ください。全国からご依頼が寄せられています。

「証拠を活用する」方法はなかなか手に入れられないノウハウです。しかし、知っているか知らないかでは雲泥の差があり結果に結びつきます。
良い結果をもたらしそうな素晴らしい証拠も、利用方法次第ではゴミにしてしまうこともあります。

証拠の活用方法は2択!

証拠を利用する方法を考えたとき、経験豊富なプロに依頼するかしないかの2択です。
証拠収集には費用も時間もかかります。リスクを負って集めた証拠もあるでしょう。
その証拠には出番があります。
証拠の出番をいかに上手く使うかの判断はたいへん難しいのです。

証拠の専門家を利用するとどんなメリットが得られるか

証拠の活用方法の注意点!

せっかく証拠があるのにうまく活用できなのでは本末転倒です。「証拠」は使い方によって得られる結果が大きく異なってきます。
その真実を知っている人がどれだけいるでしょう。証拠をつかんだらすぐに、警察や弁護士事務所の扉をたたくのは大変残念な使い方です。

依頼方法につてはコチラから

お問い合わせは無料です。ご相談やアドバイスが必要な方は費用が掛かります。

【47都道府県 全国対応】

北海道・東北ブロック
北海道 青森県 岩手県 秋田県 山形県 宮城県 福島県
北陸ブロック
新潟県 富山県 石川県 福井県
関東ブロック
栃木県 茨城県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部ブロック
長野県 山梨県 静岡県 岐阜県 三重県 滋賀県
関西ブロック
京都府 奈良県 大阪府 兵庫県 和歌山県
中国ブロック
岡山県 鳥取県 島根県 広島県 山口県
四国ブロック
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄ブロック
福岡県 大分県 宮崎県 佐賀県 長崎県 熊本県 鹿児島県 沖縄県